<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
7年




 blogを始めてから 7年が過ぎました
 ほんのお試しという気持ちで 開設したのですが
 まさかここまで続けられるとは 思ってもいませんでした


 様々なソーシャルツールが在るなかで
 自分のペースでのんびりと綴ることができるのが
 blogの良いところだと思います


 最近は更新が ままならず
 このままやめてしまおうか..と思うこともたまにありますが
 ここまで続いたのだから もう少し続けようかなという気持ちもありまして..



 つたないblogではありますが 今後とも宜しくお願いいたします
 ※ 日常的なことはsub blogに綴っております



 *



 この数年間 とても人気があった記事は..
 圧倒的にこちらでした! ’ アクセントマーブル ’がHITするようです


 そのほかの人気記事
 ・BRICK
 ・pedestal sink 
 ・Welcome home
 そしてなぜか
 ・initial

 



 
 
[PR]
by la-siesta-eri | 2012-10-13 23:59 | キモチ
結婚記念日
 




  
e0182530_23302543.jpg



  今年は 恒例のメモリアルキャンドルを飾るのを
  すっかり忘れてしまいましたが

  久しぶりに夫婦で出かけることとなりました
  といっても 実家の近くですが..

  車のトランクから 可愛らしい包みのプレゼントを出して 渡してくれました
  本当にささやかなものなのですが.. その気持ちが嬉しかったです


  
e0182530_23352687.jpg



  海辺のレストランで 夕陽を見ながらのディナーは
  ふだん子ども達と一緒では考えられないゆったりとした時間
  つかの間のひとときでした
  
  いちごに ミニ花火がパチパチついてきたプレート 





   「 つみきのいえ 」という絵本がとても好きです
  人生の中で大切にしているものや過ぎ去ってしまったもの
  過去の想い出を しんみりと振りかえり 原点にたどりつくというお話です


  いまよりもっと歳を重ねたときに
  自分は それまでの過去をどう感じるのでしょうか


  12年の歳月は 妊娠や出産など いろいろなことがありましたが
  永い結婚生活においては 序章です


  こうして自分たちだけの歴史をつくっていくとき
  今はまだふぞろいの 小さなつみきが
  のちに 夫婦を支える 基盤になってゆくのでしょう
   

  でもそれが分かるのは まだまだ先のこと
  それまで地道に ときに楽しく つみきを集めて  
  「 私たちのいえ 」 を つみ重ねてゆきたいと思います





  *

 2011年 10月 昨年は記事にはしていませんが 家族で 和牛すき焼きを食べにいきました
 2010年 10月 10th  
 2009年 10月 9th
 2008年 10月 結婚記念日
 2007年 10月 結婚7周年
 2006年 10月 結婚6周年
 2005年 10月 結婚5周年
[PR]
by la-siesta-eri | 2012-10-08 23:59 | イベント
小さい秋
 





  
e0182530_11345573.jpg



  夕されば 門田の稲葉 おとづれて 蘆(あし)のまろやに 秋風ぞ吹く


  
e0182530_23112931.jpg


 
 朝晩の ひんやりとした空気
 夕方の 紅色に染まる空
 まるい月の夜空と 秋の虫たちのリンリンリン・・リリリリリ・・大合唱

 
 四季がおりなす 質素で はかないものに
 風情や わびさびを感じるこころ
 深く解するにはまだ早いけれど

 
 秋ね~と 何となく感じるだけでいいから
 小さなムスメたちにも 小さな秋を
  
 
 *


 中秋の名月の日には
 ムスメと一緒に お団子を作りました
 可愛らしいお花も飾って

 
e0182530_11104222.jpg


 爽やかな季節
 秋を感じに 出掛けたいものです




 ***


 百人一首は 秋が詠まれている歌が とても多いのですよ
 
 一例

 
 秋風に たなびく雲の 絶え間より もれ出づる月の 影のさやけさ
 村雨の 露もまだひぬ まきの葉に 霧たちのぼる 秋の夕暮

 きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに 衣片敷き ひとりかも寝む
 み吉野の 山の秋風 小夜ふけて ふるさと寒く 衣うつなり

 月見れば 千々に物こそ 悲しけれ わが身ひとつの 秋にはあらねど
 むらさめの露もまだひぬまきの葉に 霧たちのぼる秋の夕ぐれ 
  
 小倉山峰のもみぢ葉こころあらば 今ひとたびのみゆき待たなむ
 吹くからに秋の草木のしをるれば むべ山風を嵐といふらむ


 懐かしんでいる場合ではなく
 ムスメの 相手ができるように 私も100首 詠えられるようにしなければ ・・





 2010年9月 DANGO


 
[PR]
by la-siesta-eri | 2012-10-02 23:53 | フウケイ
|ページトップ|