<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
旅空





   
e0182530_23451410.jpg

   2013.1.6 09:27 Photo by my daughter



   蒼い地球の断片を見ているよう

   何度見ても美しいものは美しい



   こんな眺めを見ていたら

   ことばは無力に感じます



   
   窓際に座っていたムスメが撮ってくれました
    7歳にしては 上出来かな




  
[PR]
by la-siesta-eri | 2013-01-29 00:40 | フウケイ
ぬくもり




  
e0182530_1043328.jpg


  

  ストーブのある生活にも少しは慣れてきました
  他の暖房とは 比べものにならないほど 暖かいです


  家全体が(2階も) こたつの中のような.. じんわりとしたサウナにいるような..
  ときどき 薪が燃えすぎると 汗をかいてしまいそうなほど暖かくなります


  じんわりと体を包み込む 暖かさのなかで
  珈琲を飲みながらのんびり過ごす夜は 格別です


  
  たまには自分で着火をすることもあります


  ..と いいますか


  夫が長期出張の際
  ビルトインエアコンを仕方なくつけていた私に
  「そろそろやり方を覚えて」 と夫


  色々いじっていると ハンドルが外れてしまい扉が閉まらない(!)
  国際電話で 教わりながらも 直すことができず焦りました..


  夫は慣れたもので 「空気をしぼる」など難易度の高い操作をしてくれるので
  暖かさが持続してくれますが


  私がすると 1時間くらいで消えてしまいます..
  着火から持続まで 難しい作業に苦戦している私です



  
e0182530_11143538.jpg



 2012年1月 STOVE LIFE
 2011年5月 薪ストーブ


   
e0182530_16564397.jpg

[PR]
by la-siesta-eri | 2013-01-29 00:38 | オウチ
永遠に
   
 



   
e0182530_21345077.jpg








  美しい花を手にしても 晴れた空を見わたしても

  いつになく悲しく思う

  時々 どうしようもないくらいの悲しみがこみ上げ

  まるで子供のように涙がこぼれる

  哀しくて切なくて愛しくて

  亡き人の面影を思いながら ただただ 涙があふれる



  目を閉じて 時の流れをさかのぼれば

  いつもそばで愛を注いでくれたそのまなざしと

  あたりまえに感じていた 穏やかな日々が

  淡くやさしい思い出となって心を巡る



  ダンボールいっぱいの手紙やカード こころ静かに読み返せば

  記憶が頭をかけめぐり 涙でにじむ

  励まされ 幸せを祈りつづけてくれたあのころの

  何気ない日々が いつのまにか手の届かぬ想い出になってしまった



  人生にはやがて終わりがあることを 思い知らされる

  それと同時に 今 生きていることを かみしめる

  生きることにどんな意味があるのか

  あらためて考えることなく生きてきた気がする

  なんとなく過ごした今日という日は

  誰かにとってはどうしても生きたかった一日だったかもしれない

  去りゆくもの その哀しみを受け止めて

  これまでの慈愛に感謝しながら

  これからの人生を生きなければならない

  何年も 何十年にもわたり 受け継がれたこのいのちを

  いのちの尊さを 大切に感じながら




  安らかに

  永遠に




e0182530_11121137.jpg



  大切な人を亡くし しばらくblogと向き合えませんでした

  本年もよろしくお願いいたします

[PR]
by la-siesta-eri | 2013-01-25 00:24 | キモチ
晴れ姿



  
e0182530_2052280.jpg


More
[PR]
by la-siesta-eri | 2013-01-19 00:00 | イベント
|ページトップ|